chari chari life

ロードバイク初心者夫婦 あこちん・ダンナのツーリング・ブルベレポートが中心です 20100117 open

chari chari lifeはFC2からbloggerに移行しました

blogger URL

http://chari-chari-life.blogspot.jp/

引き続きよろしくお願いいたします

Posted by あこちんかダンナ

Posted by あこちんかダンナ
  2 comments
  0 trackback

18回目ブルベ Heaven Week BRM429 福岡600km 指宿 都井岬編

ダンナです。


Heaven Weekの2発目
BRM429も完走です
タイムは忘れてしまいました^^;

タイムがどうかなんて
そんなこと問題じゃないんですよ

いや
"ブルベはタイムを競うものではないから"
ということではなく

タイムなんて気にしていられる状況でなかった
生きて帰ってこれてよかった
完走できただけで十分

一体何の実験なんだろう
耐水性テスト
強風耐性テスト
灰かぶり耐性テスト
股関節周辺切り傷・擦り傷耐性テスト

もうありとあらゆる拷問を
いかに楽しむか
それを試されているとしか思えない
こんなタフな自然と向き合ったことなんて
ここまで消耗した体と向き合ったことなんて
これまでの人生で一度もない

嗚呼・・・
俺は変態だー!!!
やっと真の変態に近づけたんだ
そう思ったBRMでした

それでは
変態に至るまでの経緯をば


PC1まで
一体何があったのだろう?
前日の200を共にした
ひでさんとMAXさんが6:00スタートで
私は8:00スタート

"昨日楽しかったし、またお二人と走りたいなぁ~"
と思って
早く追いつこうとペダリングしてたのかな?


そういえばチキン南蛮を食べた
おいしかったと思います

それと
あこちんは宮崎出身で
結構変わった旧姓なのですが
その名字が大分に多いらしく
いろんな商店にその名字がありビックリしました


PC2まで
ここも記憶が曖昧です

少し上った気がするけれども
あまり記憶がありません

まあ・・・
なんだかんだでPC2に着いたのです^^;


PC3まで
ここはAJ福岡代表と前半を共にし
国道2号を快調に飛ばして
気持ちよかったです^^

しかし
この区間で
私の楽しかった記憶を曖昧にさせる
悪魔の雨が降り始めるのです
PC3までは大した雨ではありませんでしたが・・・

ここで6:00スタート組追いつき始め
先に到着されていた方達とお話

関西からペアで参加されていた方とは
Heaven Weekを通してよくお会いしました
ゆっくりと会話できなかったことが心残りです
近畿のBRMでお会いしたさいに
改めてご挨拶させていただきます

ゆっくり目で補給して
あこちんに"生きてるよ"コールをして再出発!

もうだだ降り
最初の内は雨を弾いていたレインウェアも
3時間ほどでダメになってきました
全身グショグショの中
道の駅フェニックスてドリンク調達

道の駅フェニックス
地元ヤンキーが数十人たむろしていました
何もこんな雨の日にここに集まらなくても・・・^^;
自販機のある建物の軒を占拠していて
自販機が使いづらい感じ
"ごめん。どいてくれるかな?"
無言でどいてくれました^^;
"どうも、おおきに"というと
ヤンキーズが大爆笑^^;

"おおきにだって!"
"生おおきに初や!"
"どっからきたん!"
"えぇ~!大阪!"
”おおきにやって~!!!”
"おおきに"でここまで行くとは^^;

都井岬を目指して走るも
雨は大粒になっていき
風は乱れ狂い
"これって嵐っていうんじゃないの?"

ひとりぼっちになってしまい
街灯もない暗い海岸沿いを岬を目指して走り続けます
15km/hくらいしか出ていなかったと思います
上りなんて10km/hも出るわけもなく
ダンシングに切り替えようと腰を浮かした瞬間に
強烈な横風にやられ前輪が浮き上がり横転しそうになりました
下りになれば更に風は脅威で
雨は視界をゼロにし
なにがなんだか分からない状況

PC4に着いたところで"たったの360km地点"

こんな状況では
高出力を続けるほか進むことができず
それに耐えてやっと到着できても
残りが240kmもある

あかん
いやや
帰りたい
お風呂入りたい
なかったことにしてください!

わーーーーー!!!!!
あーーーーー!!!!!

ほんと泣きそうになりました

それでも何とか
岬へのアプローチが始まる
天然記念物の野生の御崎馬が棲息する領域に到着

過去に鹿アタックで落車して
DNFになった事例があることを思い出す

ここで
馬に蹴られたら即死
しばらくは誰もこなくて
雨風の中斜面を転がって側溝に落ち
夜が明けて傷だらけの体で発見されるのが落ちだ

嗚呼
俺の人生は終わった

そう言えば
家を出るとき猫たちが
いつもと違う雰囲気だったよな

嗚呼
そう言うことなんだ
きっとこれから馬にやられる
馬刺し食べたことあるし
もうダメだ

怖いよーーーーー!!!!!
助けてーーーーー!!!!!

そんなネガにネガを
更にネガを上乗せした気分で
岬への坂を上り続ける

雨風で消耗しきった体では
緩く長い坂がこなせず
バイクを降りて
馬の恐怖から
クリート音全開でバイクを引いてダッシュ!
(ここでクリートが変な風に削れて後の悲劇の元に)

PC4まで1kmほどになったところで
再度バイクに跨りました

折り返してきた人に
バイクを引いている姿を見られたら恥ずかしい
そんな理由で跨りました

なんなんだ
なんなんだ

死ぬかもとか思ってる人間が
"恥ずかしい"という感情で
どうにかガンバるって
いいんですよ変態ですから・・・

案の定
折り返してくる方がいて
いつも通りにすれ違う際にベルを鳴らす
チーンとは鳴らず

ベルまで浸水している^^;

そんなこんなで
なんとかPC4に到着です

嬉しかった
懐かしかった

人がいる
明かりがともっている
救われた思いがしました

スタッフのタイカンさん達が迎えてくれて
先に到着された方と

こんなことが
あんなことがあった
俺も
私も
生きてて良かったー

みんな先に進むか考えているようでした
先に進むしかないのですが・・・

いつもブルベで思うことですが
人が待っているって
すごいパワーがあることなんですよね
一人じゃないっていうか
生きてるというか
あんな嵐の中ずっと待っていてくれたスタッフに感謝です


あ!
ひでさんとMAXさんは?

途中出会わなかった
ここにもいない
もう出発されたのだろうか

スタッフの方に
"ひでさん到着されいますか?"と

"あ~その方は落車して・・・もう・・・"

"え?マジですか?"
"え?え?"
"MAXさんは?"

"まだですね~"

あぁ
ひでさん・・・
悔しいだろうな・・・

なんて思い嘆いていました

ふと顔を上げると
消耗しきった表情のひでさんが!!!

えー!
なんで?

スタッフさんの勘違いだったみたいです^^;
続いてMAXさんも到着

ひでさんとMAXさんとも
あんなこんなを話して
ドロップバッグを受け取って着替えを済ます
着替えなければ良かった

みんな
PC4に到着するまでは坂を上って
体温が上がっていましたが
PCに長くいればいるほど体温が下がり
浸水してはいても雨具を脱いだ瞬間に
一気に熱が逃げガクガクぶるぶるです

冷え切ってはいるものの
準備のできた数名で先へ進むことになりました

まだまだ600の苦行は続きます
続きは桜島編

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ←click please !

スポンサーサイト

Comment

ひで says... ""
都井岬でえ?なんで?と驚かれたの思い出しましたが、こっちこそなんで8時のダンナさんがここに??でしたよ(笑)
しかし本当にしんどい雨と風でした。なんの修行なんだと思いましたねぇ。
2012.05.05 04:47 | URL | #- [edit]
ダンナ says... ""
ひでさん

ダンナです。

> 都井岬でえ?なんで?と驚かれたの思い出しましたが、こっちこそなんで8時のダンナさんがここに??でしたよ(笑)
> しかし本当にしんどい雨と風でした。なんの修行なんだと思いましたねぇ。


そう言うことでしたか
私は来ないはずのひでさんが何でここに!!!で
同じくひでさんもだったのですね^^
いやぁひどい目に遭いましたね~
2012.05.06 22:21 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://charicharilife.blog11.fc2.com/tb.php/317-f6916c72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。